本文へスキップ

徳島県公立小中学校事務職員研究会 公式ホームページ

 トップ委員会 > 全国・四国研究大会研究委員会

全国・四国研究大会研究委員会

1 研究会研究主題

「子どもの豊かな育ちを支援する学校事務」


2 全国・四国研究大会研究委員会分掌事務

研究会会則第16条

「本会に特定事項を処理するため,必要により委員会を置くことが出来る。」

研究会運営細則第3条第3項

「会則第16条に規定する委員会として次の委員会を置く。(2)全国・四国研究大会研究委員会」

「平成30年度第22回四国地区公立小中学校事務研究大会に向けての研究・実践に関すること」


3 平成30年度活動計画

 第22回四国地区公立小中学校事務研究大会(徳島大会)に向け,研究を推進する。


 
四国大会研究テーマ

 「新しい時代の教育に寄りそう学校事務−学び,伸び,活かす チームで描こう 夢のかたち−」

 
分科会テーマ

 「柔らかな心で未来にチャレンジ−学びのエンジンにつながる○○−」

 
目的

 子供の笑顔と豊かな学びを保障するため,社会に開かれた教育課程の実現が求められている。学校事務職員の資質・能力の向上を図り,新しい学校教育とともにある次世代型学校事務を創造する。

 
研究内容

 本研究会「学校寿グランドデザイン21 Ver.3」を実現させることを基本とし,研究部会とリンクした活動を行うことでシナジー効果(相乗効果)を目指す。研究内容は,事務職員の専門分野である「学校財務」に着目し,学校事務の実践改善を行う。また,事務職員が抱える悩みや課題を解決するためにプロジェクト型研究を取り入れ,次期学習指導要領改訂に向けた新しい「働き方」について探求し,研究成果を発信していく。


4 委員会開催(予定)

7月上旬 研究委員会

・収録原稿最終校正
・分科会運営について
・発表原稿検討
・指導助言者と打ち合わせ

 

8月上旬〜中旬 研究委員会(2回)

・分科会運営について
・発表原稿検討

8月21日 前日リハーサル

 

8月22日〜23日 四国大会当日

・「つかさどる事務職員の働き方ガイドブック」配布
・当日は管理職・教員に参加を呼びかける予定

9月 研究委員会

・報告集作成
・反省

10月以降 次回の四国大会(高知大会)に向け検討



5 平成30年度研究委員

担当副会長
木 村 さゆり (長池小)
委 員 長
谷   明 美 (横瀬小)
副委員長
豊 岡 明 子 (生比奈小)
副委員長
松 井 累 吾 (三好中)
研究責任者
渡 川 恭 弘 (和田島小)
委  員
吉 岡 多 美 (富岡小)
委  員
二 宮 幸 子 (黒崎小)
委  員
西 野 弥 生 (津田中)
委  員
矢 藤 美 由 (飯尾敷地小)
委  員
井 藤 正 史 (池田小)
委  員
斎 藤 あゆみ (児安小)
委  員
邉 見 由 一 (三庄小)
研究協力者
吉 岡 和 代